装置関連情報

製品一覧

製品一覧

高精度貼付装置SHシリーズ

卓上型高精度貼付装置 SH-mini
SHシリーズの特徴
同期剥離方式
同期剥離方式により、確実でズレのない剥離ができます。また、額縁状のシートも変形がなく貼付けが可能です。貼付けヘッドが剥離版の上部にてシートを吸着し、剥離紙とヘッドが同期して剥離する方式です。
タッチパネル操作
機種選択・貼付け位置補正・異常表示等は全てタッチパネルで操作可能ですので、どなたでも簡単に操作できます。
センサー補正方式
XY方向センサー補正方式により、貼付精度±0.05mm以内を実現しました。また、θ方向の補正も可能です。貼付けヘッドに吸着されたシートのXY端面をセンサーで検出し、演算補正して張り付ける方式です。(θ補正はオプション)
センサー感度自動調整機能
わずらわしいセンサー感度の調整は全て全自動で行います。シート種類によってセンサーの感度調整が必要ですが、タッチパネルのセンサー感度調整モードよりワンタッチで自動調整が行えます。
治具・貼付ヘッド交換
多品種の貼付けに簡単対応。治具・貼付けヘッドのセットはロケーションピンにより位置決めされていますので、頻繁な品種替えにも短時間で段取り替えが可能です。
バキュームブレーキ方式(オプション)
剥離テンションをバキューム方式にすることによりシート表面へキズなどのダメージを与えることがありません。また、スポンジシートなどの厚みがあるシートにも最適です。
フロントローラー貼付け方式(オプション)
シート前端部から気泡混入のない貼付けができます。フロントローラー待ち受け方式によりシート前端部を確実にニップし、ローラー貼付けを行うため均一な貼付けが可能です。
凹部ローラー貼付け(オプション)
凹部の隅々まで確実なローラー貼りが可能です。従来、不可能とされていた凹部ローラー貼りも、特殊ローラーの採用で、隅々まで均一なローラー貼りが可能になりました。
高精度貼付装置 SH-100
  • センサー補正で貼付位置精度±0.05mmを実現基板などの電子機器への貼り付け作業を高精度に行います。
  • ワークの切り替えもスムーズな作業で行えます。
  • 主な用途:携帯電話のキーシート、窓枠クッションシート、両面テープ、電池パックラベル等


∧ページトップへ戻る
<製品一覧へ戻る