装置関連情報

製品一覧

製品一覧






アクアクリーンシステムは「電解水(電解次亜塩素酸)」を自動的に生成・注入するシステムです。従来の消毒用塩素系薬剤を使わず、「電解水」で水を浄化・除菌。


電解水(電解次亜塩素酸)は水と電解促進剤を混合したものを電気分解して生成します。
化学組成的には次亜塩素酸と同等のものであり、塩素濃度の維持管理も可能です。
当社の電解促進剤を使用して生成した電解水は、厚生省(当時)より食品衛生法に基づく食品添加物 にも認められています。

▲ページトップヘ戻る

プール用注入型は生成された電解水をプールの循環系統に直接注入するタイプです。不快な塩素臭を軽減、ぬめりも抑制します。

電解水を循環系統に注入し、水を浄化・除菌。1台で最大8系統まで対応可能です。

▲ページトップヘ戻る

プール用循環型は電解水と直接電気分解による2つの浄化作用により、プールの水を強力に浄化。
透明度の向上や補給水の削減が可能になります。

プール用循環型は2つの電解槽を備え、活性酸素による瞬間的で強力な浄化・除菌と電解次亜塩素酸による持続的な浄化・除菌を行います。
機器の設置場所はプール水の循環系統の中で、ろ過器を通過した後から一部の水をシステム内へ引き込み、直接電気分解することで浄化・除菌し、循環系統に戻します。

▲ページトップヘ戻る

風呂・水景用は、生成された電解水を風呂・水景の循環系統に直接注入するタイプです。
温泉の場合、高pHのアルカリ性泉質においても優れた除菌効果があります。また、池・噴水・滝など水景の水の浄化・除菌では、藻・苔の発生が抑制されることで清掃回数が減り、コスト削減にもつながります。

電解水を循環系統に注入し、水を浄化・除菌。風呂については電解水の注入口は、レジオネラ菌等への対応を念頭に、厚生労働省のガイドラインに沿ってろ過器直前に接続します。
なお1台で最大8系統まで対応可能です。

▲ページトップヘ戻る

∧ページトップへ戻る
<製品一覧へ戻る